【STEAM ハロウィンセール 2019】購入してみた激安ゲーム6本を感想付き紹介、ホラーADVや2Dアクション、パズルやレースほか

steam_halloween_2019_games.jpg
STEAM ハロウィンセール 2019「購入してみたゲーム紹介」

セール最安値かつ、低価格帯で気になったゲームから
今回初めて遊んでみたゲーム6本、軽い感想付きでご紹介します。
まだプレイ途中のため進めていくと印象が変わるかもしれません。


💡
 遊んでみたゲームからピックアップ
セール260円(50%オフ、定価520円) 非常に好評 Chance6 Studios 日本語対応

ColinaLegacy_img3.jpg ColinaLegacy_img2.jpg
懐かしい雰囲気の3人称視点、謎解きホラー・アドベンチャー
主人公アレックスはふと祖母の家で目覚める。おかしいぞ…
車で向かっている途中だったはずだが… 一緒にいた両親もいない…
しばらく放置されていたような家には、不気味な“何か”があちこちに…

手紙やボイスログから断片的に状況を探りつつ探索する、3人称視点ADV。
アイテムを集めたり、資料をヒントに仕掛けを解いたり、謎解きも各所に。
様々な効果のあるライト(充電式)の切替えギミックが特徴となっている。

本来怖いはずの赤文字が、日本語だとポップなゴシック体なのは笑った。
一部は直訳気味だったりするが、セリフや文書はしっかり翻訳されている印象。

HP制かつ追いかけられる要素や、一部分かりづらい部分もあるが
長く迷っているとヒントが表示されたりするため何とか進めている。
デモ版があり気軽にお試し可。ちなみに回復薬の節約に複数セーブ推奨。




セール79円(90%、定価798円) 好評 Andrade Games 日本語なし

SturmFront_img5.jpg SturmFront_TheMutantWar_img.jpg
こちらも懐かしい雰囲気のトップダウンシューター ※グロ注意
ヘビメタBGMの似合う、渋いイラストや世界観ほかこだわりを感じる作品。
主人公は『戦場の狼2』あたりを思い出す屈強なタフガイ(サイボーグ)
80年代の地球、人類を危機に陥れているミュータント大群に立ち向かう!

パワーアップのあるショット + 火炎放射器(燃料式)が基本装備。
敵の巣穴はもちろん、敵弾だって火炎で焼き尽くすのだッ ヒャッハー!

SturmFront_img6.jpg SturmFront_img3.jpg
他にもロケランやプラズマほか有限弾薬のウェポンも落ちている。
パワーアップ状態だと、BOSSより自分の弾幕のが激しかったりする(笑)
HP制、当たり判定は外見通り。死ぬとステージ最初からとハードだが
途中でやめても到達ステージから選んで進める。 安心そしてGREAT。




セール200円(80%オフ、定価1000円) 好評 開発 Snikkabo AS  日本語対応

Venture-Kid_img3.jpg Venture-Kid_img1.gif
8bitファミコン時代『ロック〇ン』風の横スクロール・アクション
邪悪なテクロフ博士の野望を阻止すべく、我らがアンディが旅立つ!
ステージごとのボスを倒すたび、仲間の髭メカニックが武器をくれる。
ボス能力ではないが、ブーメランや氷結弾ほかエネルギー消費で使用。

Venture-Kid_img5.jpg Venture-Kid_img2.gif
クリア済ステージには再挑戦でき、専用能力がないと取れないアイテムがあったり
回復など買い物したり、出現エネミーやステージの作り、一画面に撃てる弾数制限、
などなど、全く同じではないが、似たシステム・似た雰囲気があちこちに見られる。
子供時代の任天堂やカートリッジゲーム黄金期への熱いトリビュートであるようだ。




セール52円(83%、定価310円) 好評  Kamina Dimension  日本語対応

GrabTheBottle_img4.jpg GrabTheBottle_img5.jpg
手が伸び~~~る、ルート試行型パズル
手が伸びるだけでない。赤ちゃん時代からまるでオッサンな主人公。
おしゃぶりやミルク瓶など、ぐい~んと手を伸ばして取りたいけれど
障害物や自分の手はすり抜けられないため、一筆書き風にルートを探すのだ。

GrabTheBottle_img3.jpg GrabTheBottle_img2.jpg
動かせる物、つかめる物、などギミックもあって結構頭をひねる。
ぶつかると3回目で死亡。一定以上失敗するとヒントが解禁される。
アメコミ風イラストや、細かな表現でくすっと笑えるパズルゲーム。




セール51円(75%オフ、定価205円) 好評 Draftline Games 日本語なし
WASD=移動、Ctrl=武器選択。キーコンフィグなし。ゲームパッド非対応。

Spaceguard_80_img1.jpg Spaceguard_80_img2.jpg
スマホゲームのような感覚、マウスエイム 横シューティング
「隕石面、ボス面、避けゲー面」ほかステージごとにテーマがあり、
何度も挑めるステージ選択型。 強化のために稼ぎプレイするSTG。
自機はHP制で当たり判定は外見そのまま。死ぬとステージ最初から。
避けゲー面では攻撃できず、回避しようのない隕石配置もあるのが難点。

武器・機体はアップグレードでき、ポイントはいつでも振り直しできる。
火・氷・電撃など武器属性もあるため、ステージに合わせて構成を変えて攻略。

Spaceguard_80_img3.jpg Spaceguard_80_img5.jpg
クールタイム制の特殊攻撃もあり、Ctrlキーで時間停止して選択できる。
ショップ購入の消費アイテムもあるが、そちらは時間停止中には表示されず
画面左下アイコンをクリックする必要があり、いざと言う時には使いづらい。
敵や隕石が硬いため、とても倒しきれず撃ち負けがち、爽快感もあまりない。

価格もあってかレビュー好評のようだが、STGとしては相当カジュアル。
背景パターンも少なめ、大量の隕石に交じった敵数体と戦っている感覚。
なお、STEAMのマウスSTGでは以前紹介した以下が個人的にオススメ。




セール93円(90%オフ、定価930円) Falcon Interactive 日本語なし
約29GB  Unreal Engine製で起動長め  ※必要スペック高め

Arizona-Derby_4.jpg Arizona-Derby_7.jpg
ツッコミどころに困らない、カジュアル・オフロードレース
車はふわふわ軽く、地形に引っ掛かりやすく、AI車と接触すると
車体が乗っかったり、車輪がひっかかって外れなくなる事も多い。
オープンワールドなどのTPSアクションの中で走っているようなプレイ感覚。

チェックポイント復帰できるが、最下位になっても難易度NORMALなら安心。
AI達はノロノロ走っており余裕で追い抜ける。一方、自分が先頭を走ってると
少し減速してしまった位でもすぐ追い抜いていくタイプの接待型AI調整。

Arizona-Derby_5.jpg Arizona-Derby_3.jpg
コースと言うよりマップは異様に起伏に富んでおり、跳んだり斜めったり
スピンしたりは日常茶飯事。一部オブジェクト付近に見えない壁まである。
チェックポイントをくぐるコースでは、AI車はくぐらず無視していたりも。

高いが車購入もあり、アップグレード・カラー変更、ドライバー変更も可能。
そうそう、ドライバーは飛び降りる事もできるのだ! マップをお散歩できる。
BGMはノリの良い楽曲やEDM、なぜかお洒落JAZZやアンビエントまで幅広い。
ネタとしては中々だがレースとしては……。 小規模インディゲーム感溢れる作品。

Arizona-Derby_1.jpg Arizona-Derby_2.jpg
そ…そうだ! 私はアーケードで2コイン投入したのだ。そう考える事にしよう。




以上、ハロウィン期間に遊んでみたゲーム紹介でした。
時間の関係もあり、サクッと遊べそうな低価格帯ゲーム中心にプレイ。
好みの分かれるゲーム多めでしたが、どんな内容なのか参考になれば幸いです。
なお、クリア後など気に入ったゲームは改めてレビューを書くかもしれません。



🍸 JJ VOICE
左『Märchen Forest』疲れた夜に衝動買い。無意識に癒しを求めていたのだろう(笑)
右『Door Kickers: Action Squad』前作と違うイメージに迷ってたが意外と面白そうで購入。

やはりあっという間だったハロウィン期間。
Humble Bundle に EPIC、ほかの記事の合間で
新規購入ゲームを遊べる時間は数時間ほどでしたが
オータムまでに色々遊んで充電しておきたいところです。

今夜セール終了ですが、良いSTEAM ショッピングを✨

この記事へのコメント

  • いつも面白い記事ありがとう。JJさん独自のチョイスで毎度興味を惹かれてポチってしまいます。
    2019年11月01日 19:56
  • LS

    この後も立て続けにセール来ますし最安更新でもないなら
    まだ買わなくてもって感じですね。
    と思いつつsteamDBで最安更新リスト眺めていたら100円200円の謎ゲー
    5.6本買ってしまったという。
    2019年11月01日 21:59
  • JJ

    コメントありがとうございます。
    レビューも少ないような、よく分からないゲームは好奇心で遊んでみたくなるんですよね。
    半分くらいは微妙な気持ちになりますが、安さで何とか納得している感じです(笑)

    LSさんへ。私も今回は節約気味でしたが結局20本近く購入していました。
    半分以上は低価格ゲームなので、本命の大作などは次回かなと考えています。
    2019年11月02日 14:00

人気記事