STEAMにて『SKYRIM』『Fallout 4』『Dishonored』シリーズほかベセスダ配信ゲーム各種が最安値更新セール、単品最大80%オフ

quakeconsale-2019.gif
STEAMにてベセスダ配信大作ゲーム各種が最安値更新、
QuakeConセールが2019年7月30日深夜まで実施されています。

『SKYRIM』『Fallout 4』『Dishonored』シリーズほか
VR版やセットバンドルなど各種お買い得になっていました。
また『Wolfenstein』最新作2本も今夜より発売開始予定です。


 STEAM QuakeCon SALE 2019

最安値更新タイトル(割引率・旧底値・定価)
RAGE-2.jpg
4309円 (50% 旧5574 定8618)  オープンワールドFPS
The-Evil-Within-2.jpg
1995円 (75% 旧2633 定7980)  ホラーアクション
Skyrim-vr.jpgThe Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition
1386円 (67% 旧2100 定4200)  オープンワールドARPG
Fallout-4.jpgFallout 4
825円  (75% 旧1650 定3300)  オープンワールドARPG
DOOM.jpgDOOM
741円  (67% 旧1123 定2246)  対デーモン・ゴアFPS
  
Skyrim-sp.jpgThe Elder Scrolls V: Skyrim VR 要VR
2633円 (67% 旧3990 定7980) 
Fallout-4-vr.jpgFallout 4 VR 要VR
1995円 (75% 旧3990 定7980) 
DOOM-vr.jpgDOOM VFR 要VR
1089円 (67% 旧1650 定3300) 
  
Prey.jpgPREY
660円 (80% 旧1650 定3300)  SFアクションADV
Dishonored-o.jpgDishonored: Death of the Outsider
660円 (80% 旧1650 定3300)  ステルス暗殺アクション三作目
Dishonored-2.jpgDishonored 2
880円 (80% 旧1452 定4400)  ステルス暗殺アクション続編
Dishonored.jpgDishonored
220円 (80% 旧275 定1100)  ステルス暗殺アクション 紹介記事
  
PREY Digital Deluxe 880円(80%)

などストーリーDLC含むエディションや他タイトルとの組合わせなども
安くなっているため、各ストアのセット欄もチェックしてみると
単体購入していくよりもお買い得になるかもしれません。

また各種シリーズ過去作もセール対象になっているほか、
Humble Storeほか様々な海外販売ストアでもセール実施しています。



💡 Bethesda NEW GAMES
7月26日発売  定価 3800円  配信 Bethesda Softworks   日本語は後日予定

架空の歴史を描くレトロフューチャーFPS 最新作、COOPに本格対応
『ウルフェンシュタイン II』から19年後の1980年、ナチス占領下のパリを舞台に
前作主人公B.J.ブラスコヴィッチの消息を追うべく、双子の娘ジェスとソフが戦う。
発表当初は日本からストアアクセスできなかったが、現在はアクセス可能で一安心。
ただ、日本語は2019年8月8日から配信予定との事。


7月26日発売  定価 2980円  配信 Bethesda Softworks   日本語は後日予定

シリーズ初のVRタイトル。同じく1980年のパリでサイバーパイロットとして戦う。
こちらも日本語は2019年8月8日から配信予定との事。


DOOM Eternal(STEAM) ※グロ注意※
11月23日発売予定  定価 8618円  配信 Bethesda Softworks   日本語対応

DOOM(2016年版)その後を描く。ついに侵略されてしまった地球が舞台。
近接ブレードや銃火器、新たなアビリティでよりハイスピードに戦うFPS。
今作では、自らデーモンとなって他プレイヤーのキャンペーンプレイに
侵入したりされたり、マルチプレイ向け要素「バトルモード」として
デーモン 2人 vs スレイヤー 1人の非対象型の対戦も実装される模様。


ベセスダYoutubeチャンネルにてQuakeconライブ配信も今夜より開催予定。
『DOOM Eternal』『Fallout 76』『ESO』など興味ある方は要チェック。



🍸 JJ VOICE
長らく値動きのなかった作品が沢山最安値を更新していて驚きました。
「遊びたい時が買い時」と思っているメーカーなのですが
ついに1000円を切った大作を見ると、財布の紐が緩んで
色々確保しておきたくなりますね。

前回記事で購入した『PREY』も全然終わっていませんが
『Dishonored 2』と『Wolfenstein』の過去作を追加購入。
そう言えば『Skyrim』も『Fallout 4』も大量のサブクエを前に
まだ途中だった事も思い出しました。終わる日が来るのだろうか(笑)
それでは、今週末も良い冒険の旅を✨


関連記事

この記事へのコメント

  • いつも、ありがとう

    情報ありがとうございます。
    skyrim、安いけど。
    積みゲーいっぱいあるし、買っても遊ばない気がしないでもない・・・。
    どうしよっかな?
    て悩んでる時がいちばん楽しいよね。
    2019年07月25日 22:28
  • gogでもセールしてるのでdrmフリー版欲しいならgogですかね?
    2019年07月26日 00:20
  • LS

    200円切らないと絶対買わないと勝手に決めていたRAGEのDLCがやっと買えた! これで積んでた本編をやっとプレイ出来る…
    Quakeconセール、あっちこっちでやってますね。
    自分はHumble Monthlyに加入していたのでHumbleで
    Dishonored: Death of the Outsider - Deluxe Bundleを購入しました。
    Quakeconセール対象は20%追加割引が適応されず10%のままみたいですけどそれでも安かったので。

    2019年07月26日 07:54
  • JJ

    一番目の方へ。悩んでいる時間のワクワク感は半端ないですが
    ライブラリに並ぶと満足して、結局いつものゲームに戻ってしまいます(笑)
    速攻遊びたい待望ゲームでない限りはモチベーションが上がりづらいですね。

    二番目の方へ。GOGも見てみましたがベセスダ作品は
    TESだとOblivionまで、FalloutはNVまでなんですね。
    DRMフリーではGOGは管理しやすくて良いのですが
    日本語化を考えているゲームはできそうか事前に調べた方がいいかもしれません。

    LSさんへ。今回はDLCやセットが安いのもいいですね。
    最近は円高気味なので、海外ストアもより安く感じます。
    個人的には少しの差だと使い慣れたストアで買ってしまうのですが(笑)
    2019年07月27日 23:07

人気記事