PCゲーム無料配布『Survivor Squad』終末世界を探索する、見下ろし視点ゾンビ・サバイバルRTS [Indie Gala/DRMフリー]

Survivor_Squad.jpg
終末世界を探索する、見下ろし視点サバイバル『Survivor Squad』 
DRMフリー版が Indie Gala セールプロモーションにて無料配布。
執筆時点では配布期間は未発表。 すぐ終了する可能性もあります。


💥 Survivor Squad Give Away
リンク先が異なったり「LOGIN TO ADD TO YOUR LIBRARY」ボタンがなくなれば配布終了。

STEAMでの評価 賛否両論 定価298円 開発Endless Loop Studios 日本語なし

Survivor_Squad_img6.jpg
終末世界を探索しながら物資収集、キャラ強化していくサバイバルRTS。
複数モードがあり、メインとなる長期キャンペーンモードほか、
専用ステージや特殊条件で遊べるモードが3種類用意されている。
今回は主にキャンペーンモードについてご紹介したい。

以前ご紹介した『Infectonator: Survivors』や『Judgment』にやや近い。
キャラ管理やクラフトなどの拠点と、ゾンビはびこる戦闘マップの2構成。
戦闘マップへは車で移動。ガソリンが必要で、足りない場合は拠点で補給。


Survivor_Squad_img3.jpg
戦闘マップ:最大4人パーティーで視界カバーしながら探索。
射程内のゾンビを自動攻撃するRTS(クリック移動)
『Left 4 Dead』のような強エネミーやHORDEも一部あり
慎重に進んでいても、焦る戦いを避けられない辺りが面白い。
ただし、いつでも時間停止できるためじっくり戦える。

Survivor_Squad_img10.jpg Survivor_Squad_img8.jpg
銃撃音によるゾンビ引き寄せや、近接武器でのステルス行動、
窓やドア隙間からのぞき込んだりの視界概念、アイテム収集、
生存者イベントやトラップほか、工夫が色々ある。



Survivor_Squad_img7.jpg
拠点ではキャラ編成や、装備クラフトほか。
集めた素材や設計図から、武器やアーマー、回復ほかクラフト。
遠隔カメラやセンサー装置ほかガジェットも色々用意されている。
最初はインベントリが少なく、拾える素材の取捨選択が悩ましい。

Survivor_Squad_img1.jpg Survivor_Squad_img2.jpg
キャラクターは徐々に増えていき、それぞれPERK習得できる。
ポイントはいつでも振り直せるため気軽に色々試せる。
HP強化&近接特化にしたり、防衛射撃型にしたり様々。
キャラ固有特徴はないため、PERKと装備で差別化していく。



Survivor_Squad_img9.jpg
基本的なゲーム紹介は以上!
さあ…そろそろサバイバルの時間だ。GOOD LUCK!


🍸 JJ VOICE

軽くプレイした段階ではとても楽しめています。
キャンペーンマップが想像以上に広く、長く遊べそうな印象。
自由に名前つけて複数セーブできるのもいいですね。
ただ賛否両論、そのうち厳しくなってくるのかな。


関連記事

この記事へのコメント

  • グランド・セフト・オート・サンアンドレアスPC版をRockstar Games Launcher内で無料で受け取りましょう。とのこと
    2019年09月23日 16:19

人気記事