STEAM新作:基本無料『Watchers』介入要素もあるバトルロイヤル・対戦トップダウンシューター、感想付き紹介

Watchers.jpg
STEAMにて10月22日リリース、負けても観戦介入して遊べる
基本無料バトルロイヤル・トップダウンシューター『Watchers』 
プレイしてみて中々面白かったため、感想を兼ねてご紹介します。


💥 Watchers steam game
基本無料   開発 Blindfold 配信 Alawar Premium   日本語なし

Watchers-1.jpg Watchers-2.jpg
課金要素(DLC)はバトルパスほか、スキンや装飾アイテムなど。
ロッカーでスキンやエモートほかの装飾系を選択できる。
レベルUPやフリーパスでも多少増えていく。


Watchers-19.jpg
Watchers-3.jpg Watchers-8.jpg
介入要素のある、24人対戦バトルロイヤル・見下ろし視点シューター

10月23日夜時点では10~30秒ほどでマッチ。
ロードやエリア選択がさらに20~30秒ほど。
地域設定はないが特にラグなどは感じなかった。

9つのエリアからスタート地点を選択して出撃する。
負けても観戦しながら終盤まで介入できる要素もある(後述)



Watchers-12.jpg
Watchers-15.jpg Watchers-11.jpg
「BATTLER mode」収縮するマップ内でラスト1人を目指して戦う。

武器&アイテムを調達していくお馴染みバトロワ。ローリング回避もできる。
近接武器1スロット、銃&道具4スロット。 回復薬やアーマー・ブーストあり。
また青い歯車を集めると、各所にある青いワークベンチで武器強化できる。

見下ろし視点なので視界は広めだが、
建物内は近くにいかないと見えない。接近時は注意したい。
画面外まで届かない銃が多いため、注意していれば対処しやすい。



Watchers-5.jpg Watchers-7.jpg
Watchers-4.jpg Watchers-6.jpg
「WATCHER mode」負けると観戦モードになり介入できる

「誰を応援するか」「誰が死ぬか」「誰が勝つか」
高みの見物しながら賭けてXPを稼ぐことができるのだ!

また、次の円をどこにするかマップ投票したり、
プレイヤー近くに矢印アイコンなどを置いて注意を促したり、
範囲効果を設置したりアーマーをあげたり、できる事がランダム出現。

逆に、自分のプレイ中も応援されている(見られている)事がある。
突如スピードUPしたり、近くにアイテムBOXを置いてくれたりする。
下手なプレイはできそうにない(笑)



💥 Watchers 気になるかもしれない点
Watchers-16.jpg
文字が小さいため、モニターサイズによっては武器名が読みづらいかもしれない。
キャラも小さいため、何を装備してるか分かりづらい時も。武器アイコンを覚えたい。

チュートリアルや細かな説明などもない。
分かりやすいゲームではあるが一部は手探り。



💥 Watchers 紹介最後に感想まとめ
Watchers-17.jpg
シンプルながら、戦闘中も負けた後も遊べる工夫がGOOD。

トップダウンシューターのため、FPSほどにはエイム熟練も必要ない。
射程距離が全体的に短めなので、遠くから撃ちあっても当たりづらく
互いに逃げやすく結構死にづらい。初心者でも戦いやすい印象だった。

むしろ武器を把握しているか、状況に応じた武器選択できるかが大切。
また、介入による特殊現象のおかげで、突如スローモーになったり
頭上からレーザーが追いかけてきたり、戦いに変化があって新鮮。

『Hotline miami』ほかシングルゲームだとよくキー入力が必要な
遠くを「見渡せる機能」がマウスを動かすだけでOKな点もGOOD。


介入側でのブースト支援などは連続使用できないが
勝ちやすそうな上手いプレイヤーをより有利したり、
慣れていなさそうなプレイヤーを支援&応援したり、
タイミング次第では戦況に影響を及ぼせる事もある。

ほかのウォッチャーたちも誰かを応援している訳で
どのプレイヤーが支援を得られるかはウォッチャーの気分次第。
XPが絡むため強者有利な気もするが、負けても最後まで観たくなるゲーム。


Watchers-9.jpg
執筆時点ではモード1つ、マップ1つとシンプルな印象なので
特に新マップなど、今後アップデートがあるならば期待したい。



🍸 JJ voice

ところで本記事は過去世界23日の私が、未来世界25日に向けて書いています。
そして現在世界:25日の私はこの記事がそろそろUPされるかなと
彼方から観測してニヤリとするのだろう。何だかちょっと面白い。

と言っても、11月にXMAS特集、12月に正月特集を準備したり
世間一般ではむしろ普通なので珍しくも何ともないと言うね(笑)


関連記事

この記事へのコメント

人気記事