レビュー『Strike Vector EX β』未来戦闘機シューター + シングルのステージ13脱出ヒント

strike-vector-ex-review.jpg
未来戦闘機シューター『Strike Vector EX』、オープンベータテストにて
シングルのクリア後、マルチ含めて計8時間弱プレイして十分楽しめたので、
改めてレビューしたい。基本的なゲーム内容は先記事で記載したため割愛。
また、シングル鬼門に感じたステージ13の攻略ヒントも記事後半に記載。

💥 Strike Vector EX  open beta  レビュー
strike-vector-ex-review15.jpg
全体的なゲーム部分はとても楽しい。

360度自由に空を飛んで戦うフライトシューティングながら、
入り組んだ地形を利用した戦いができるところが良い。
さらに装備次第で、多彩な戦い方ができる点も魅力だ。

正々堂々とドッグファイトしながらエイミング勝負してもいいし、
逃げ隠れしながら機雷やステルスほかの特殊装備で奇襲してもいい。
シールド&ショットガンや範囲攻撃パルスなど近距離特攻してもいい。

フライトシューティングだが、特殊装備系FPSなどに近い感覚もある。
やや慣性のあるカジュアルな操作性かつ、1試合10分とサクッと遊べる点も良い。


strike-vector-ex-review1.jpg
マルチについて

人が少なくてもBOT(CPU)が参戦するため、いつでも遊べて良い。
CPUもストーリーモードより遥かに強い。とは言え、動きが割りと単純なので
慣れると画像のように無双できてしまう。スカーミッシュの最高難度でも同様。

対人戦はA~Cのランク別。(もっと上位ランクがあるかもしれない)
そもそもランクが少ないため、同ランクでも実力差に大きな開きがある事がある。
BOT戦とは段違いの猛者がBランクから現れるようになり実力を思い知らされた。

strike-vector-ex-review20.jpg strike-vector-ex-review22.jpg
対戦モードを選ぶと、自分と同ランクの稼働部屋があれば自動参戦となる。
そのため、自分の遊びたい対戦モードに強プレイヤーがいると避けられない。
パスワードや条件設定機能がないため、普通の公開部屋しか立てられない。
フレンド招待機能があるのみ。発売後はさらに激戦が待っていそうだ。

きっと少しでも人と当たるように細かい設定は排除したのだろう。
センシやエイム速度を最大にして瞬間視界で即射できるようになるか、
もしくは近距離戦や回避テクニック、地形を把握して搦め手を…など練習が必要そうだ。


strike-vector-ex-review17.jpg
シングルについて

初見クリアまで3~4時間ほどだったと思うが、ボリュームは適度な印象。
色々なシチュエーションがあり、最後まで飽きることなく楽しめた。
物語は先記事末に書いた印象通りだが、エンドロール時には十分満足感も。

鬼門である13面以外は、マルチを経験すると難易度がとても低く感じるため、
先にシングルキャンペーンをクリアしてから、マルチに挑戦した方が良いだろう。

ただ、チャレンジモードである「スタジアム」は結構難しく、手応えがある。
金評価を狙うなら飛行テクニックも必要になり、全30面もあるため遊び応えがある。


以上が、open beta段階の感想です。
製品版では色々と変更されるかもしれません。
起動時に毎回ムービーが入る、ESCではなくBackSpaceでキャンセルなど
細かい微妙点はあるが、ゲーム自体は面白くて全体的には満足度の高いものだった。
製品版では、細かい改良やマルチモードの充実を期待したい。



💥 Strike Vector EX ステージ13 攻略ヒント
strike-vector-ex-review4.jpg
概要:『冷えてるうちにどうぞ』鬼門は後半。工場からの脱出
曲がりくねった要塞を、全速力で突っ切らないといけない脱出イベント。
操作ミスなどで3秒も遅れれば、ほぼアウト。炎で視界が途絶える。
30回近く死んで、ようやくクリアできた。

strike-vector-ex-review7.jpg strike-vector-ex-review9.jpg
一番有効だったのは、一人称視点でプレイする事。
私の場合、最初の20回以上は三人称視点でずっと挑戦したが大して進まず。
一人称視点に変えてからは5~6回目でクリア。プレイしやすさが段違いだった。
厄介なのは「障害物」、減速せずに隙間を飛ぶためには、視点が近い方がいい。
一人称視点だと障害物の距離感がハッキリ分かり、カーブの減速タイミングもつかみやすい。

strike-vector-ex-review5.jpg strike-vector-ex-review6.jpg
次点として有効だったのは、グラフィック設定の変更。
VIDEO項目から、ブルームやブラーなどの演出をオフ。画面が見やすくなる。
VSYNCもオフ。PC負荷は上がるが、FPS値が最大になり滑らかに見やすくなる。
画面の狭さを感じるなら、FOVも上げよう。もちろんフルスクリーン推奨だ。
これらの設定だけでも結構プレイしやすくなった。結局は上述1人称視点だが。

strike-vector-ex-review21.jpg strike-vector-ex-review10.jpg
ロケットブースター装備もアリかもしれない。
私は使わなかったので有効かは不明だが、上手く使えば数秒の余裕はできそうだ。
なお、炎で視界がほぼ消えるのはやり過ぎだと思う。不透明率30%位でも十分。
それまでチャレンジモード以外で、あまり飛行テクニックは必要なかったため、
突如現れた苦行に感じた。とりあえず、あの連合スパイ野郎は絶対に許すまじ。



💥 Strike Vector EX オマケ
strike-vector-ex-review12.jpg
13面クリア以降はほぼ1人称視点でプレイするようになった。
地形スレスレに高速で駆け抜けるのはジェットコースターのような快感だ。

strike-vector-ex-review13.jpg
YeahoooOOO!!
これがリアルなら、よくある映画の一幕のように雄叫びを上げてしまうだろう。
マルチで戦闘なしのレースモードがあると、違う方向で面白いかもしれない。
アイテムはランダム出現にして。ぜひ色々な楽しさを模索して頂きたい。


🎧 = JJ HQ VOICE =

しかし、約1週間もの長期間のオープンベータ。
シングルのエンディングまで全て無料開放はさすがに…な気もする。
対戦をメインに据えているのだろうけれど、楽しみが減るのがね。

個人的にはコックピット視点があると、より気分が盛り上がったかな。
しょっちゅう「メーデー!メーデー!」と叫ぶ事になりそうだが(笑)

"レビュー『Strike Vector EX β』未来戦闘機シューター + シングルのステージ13脱出ヒント"へのコメントを書く

お名前:
コメント:[必須入力]


メールアドレス(入力を受け付けておりません)
ホームページ(入力を受け付けておりません)

人気記事