FPS公式無料化『BRINK』予想以上に面白かった。1人~8人協力!キャンペーンモードの共闘感 [紹介&感想]

BRINK.jpg
公式無料化したベセスダ配信FPS『BRINK』steam版。
プレイしてみると予想以上に面白かったため、感想を兼ねてご紹介。
シングルでも全モード遊べます。またCOOPや対戦も賑わっていました。

💡 BRINK ゲーム特徴紹介
約6GB、配信:Bethesda、開発:Splash Damage、安価なDLCあり
日本語化パッチ ※ムービーやカットシーンは英語のまま。

BRINK-36.jpg BRINK-13.jpg
BRINK-23.jpg BRINK-24.jpg
ゲームモードは3種類、マルチ・ベースのカジュアルFPS
ソロだとAIが仲間を担当するため、1人でもゲームを開始できる。
チャレンジ………実質チュートリアル。武器報酬や経験値も(1~4人協力)
キャンペーン……シナリオのあるメイン全16ミッション(1~8人協力)
フリープレイ……マップやルールなどカスタムできる(1~16人協力&対戦)


BRINK-6.jpg BRINK-8.jpg
BRINK-5.jpg BRINK-37.jpg
特徴① キャラカスタマイズ
最初はキャラ作成から始まる。外見・服装などそこそこ細かくパーツ選択可能。
いつでも変更できるので安心。体型は3種類あり、体力・速度・跳躍力が変わる。
レベルによってパーツがアンロックされていく。多彩なオッサンが作れるのだ!


BRINK-31.jpg BRINK-11.jpg
特徴② クラス・スキル・ウェポンなど育成要素
4種類のクラスから選び、レベルに応じて各兵科のスキルを習得できる。
ソルジャー(予備弾薬・アーマーなど戦闘系)、メディック(回復&補助)
エンジニア(タレット・地雷設置ほか)、オペレーティブ(敵に変装ほか)
弾薬支給、回復、攻撃UPなど、他プレイヤーとサポートしあえる気軽な連携感もGOOD。
武器は各ステージクリアでアンロック。お馴染みの銃火器が数十種類ある。
マズルブレーキ・バレル・スコープなど一部パーツのカスタマイズも可能。
戦闘中も「コマンドポスト」という端末で、自由に武器変更&弾薬補給できる。


BRINK-33.jpg BRINK-34.jpg
特徴③ 軽いパルクール
スライディングで障害物の下を滑り抜けたり、
ジャンプで高所をつかんでよじ登ったり、柔軟に動ける。
ただ全体的に足は遅め(メディックのブーストスキルで加速はできるが)


💡 BRINK キャンペーンモードについて
セキュリティ(警察的な治安部隊)と、レジスタンス(反体制の住民組織)
それぞれの視点からのシナリオが用意されている。合計16ミッション。
各ミッションは数フェーズの目標があり、護送、爆弾解除、防衛ほか、
制限時間内にそれぞれの目標を果たさないと勝利できない。

一部ミッションは、ソロプレイだと難易度イージーでも難しい。
そんな時は、ソロではなくプライベート設定で始める事をおすすめしたい。
AIだと連携バラバラで苦戦するが、COOPなら大幅に楽になる。何より楽しい。
キャンペーンではフレンドリーファイアもないので、マルチ初心者でも安心。

BRINK-15.jpg
深夜に数時間遊んだが、キャンペーンも、チャレンジも、
プレイしている内にどんどん参加者が現れ、毎回ほぼ満員になっていた。
画像は先程20時頃のもの。夜0時頃と早朝6時頃はもう少し多かった。


💥 BRINK 紹介の最後に
BRINK-27.jpg
本作はフリー対戦でもチームデスマッチなどはなく、必ず勝利目標がある。
マップも入り組んだ地形が多めで、目的地がどこか分かりづらい時もある。
また移動速度もやや遅めなど、難点もあるが、総合的には楽しめている。

元々1980円で販売されていた、課金向けではない有料ゲームだったため、
ゲーム自体は本体だけでも遊び込めるよう、しっかり作られている。
1人でも全モード遊べ、23日に無料化されて日が浅い今は人口も増加。


BRINK-29.jpg
対戦は猛者が多くて初心者にはツライが、
キャンペーンやチャレンジは気軽に協力プレイが楽しめる。
ピンチの仲間を助けに行ったり、仲間工兵と複数タレットで防衛網を作ったり、
無言でも自然と連携している共闘感がたまらない(チャット利用者は少なめ)

昨夜は眠い目をこすりながら、見知らぬ戦友たちとともに、
最終ミッションまでつい連続で数時間プレイしてしまった位だ。
興味をもたれた方は、賑わっている内にぜひどうぞ。


🎧 JJ voice

私は主にシングルFPS専門。「スナエリ」のような索敵&狙撃対戦は好きだが
動きの速い対戦が苦手で、BRINKもマルチ専用と勘違いして敬遠していた。
「L4D」辺りに近いCOOPシステムだったとは。プレイしてみて良かった。
8人チームと多いので、割りと自由にワイワイ楽しめるのがいいね。

"FPS公式無料化『BRINK』予想以上に面白かった。1人~8人協力!キャンペーンモードの共闘感 [紹介&感想]"へのコメントを書く

お名前:
コメント:[必須入力]


メールアドレス(入力を受け付けておりません)
ホームページ(入力を受け付けておりません)

人気記事