FF映画レビュー【キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV】実にFFらしい作品だった [KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV]

FF15 の映画『キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV』をレビュー。
ゲーム本編の前日譚となる物語を、異なる主人公視点で描くフルCG作品。
※本レビューは「純粋に映画として観た」FF15 初心者による感想です。


 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV
DMM動画で今回鑑賞(3日間レンタル300円。記事執筆時点)
他の配信サイトSTEAMにもあり、それぞれ価格や視聴条件が異なります。

製作 スクエアエニックス、配給 Aniplex、ストリーミング映像作品、115分
字幕版と吹替版あり。DMMの場合は300円で両方視聴できました。

kingsglaive_final_fantasy_x.jpg kingsglaive_final_fantasy_xv_3.jpg
FF15本編へと繋がる壮大な前日譚。
ニフルハイム帝国の侵攻に、ギリギリ耐え続ける魔法王国ルシス!
だが戦力差は圧倒的。命からがら退却するニックスら王の剣一団。
そして…恐るべき陰謀劇が幕を開けるのだった___。

特殊部隊「王の剣」所属のタフガイ主人公ニックスを中心に、
ゲーム主人公の父・国王レギスや、ヒロインとしてルナフレーナも活躍。
なお、ゲーム版を知っていればより楽しめるが、未プレイでも問題ない。


kingsglaive_final_fantasy_x_1.jpg kingsglaive_final_fantasy_xv_2.jpg
FF15 特有「シフト=ワープ能力」も使ったアグレッシブな戦闘が見もの。
いきなりクライマックス状態の派手な導入から引き込まれた。
魔法や武器召喚などの表現もカッコ良く、戦闘はスピーディーで迫力がある。
ロボな魔導アーマーやキモい魔導兵、少ないがモンスターもボス格まで色々登場。
CG品質も良く、一部のモブ市民にCG臭を感じた以外は特に違和感もなかった。


final_fantasy_xv_kingsglaive_review 08.jpg
ツッコミ所も多少あるが、物語構成は全体的にしっかりしており、
展開の面白さや、ジェットコースター的に盛り上がる場面も多い。
また短時間ながらも、主要キャラクター達のドラマも描かれる。
セリフで説明しすぎない、描写で感じさせる心情演出が良かった。



 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV 字幕か吹替えか
final_fantasy_xv_kingsglaive_review 05.jpg
両方観たところ、私的には字幕版の方が満足度が高かった。
映画が洋画調なこともあるが、吹替えは主人公とヒロインが度々気になった。
主人公は妙な上ずりや、力んだ声を頑張って作っているような違和感があり、
ヒロインは棒読みチックな印象が。鑑賞後に調べるとやはり俳優起用だった。

字幕版では、吹替え版の重厚な声質と比べて、全体的に軽い印象ながら自然。
いつもの洋画感覚ですぐに馴染んだ。主人公は同じく海外俳優ではあるが、
力んでいないナチュラルな演技で違和感なく耳に入ってきた。

※普段、映画や海外ドラマをほぼ字幕で観ている影響もあるかもしれない。
冒頭の12分は字幕版吹替版とも無料公開されているので、事前チェック推奨。



 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV レビューまとめ
final_fantasy_xv_kingsglaive_review 16.jpg
今時のFFらしさを洋画調で表現した、面白いアクション映画だった。
前日譚ゆえの本編へと続く物語だけに未消化感も多少あるが、
勢い溢れるあっという間の1時間55分で、十分に満足できた。
いつしかCGという事も忘れて魅入っている自分が。

final_fantasy_xv_kingsglaive_review 09.jpg
ゲームで築いてきた文法通りの安心感。
・魔法ファンタジーをベースに発展した科学世界の中で
・荒削りだが強くてクールな主人公、それを振り回す行動的ヒロイン
・王国や反対勢力などの、様々な思惑や陰謀に運命を翻弄されていき、
・仲間との確執や、圧倒的に強大なライバルに苦悩しつつ試練を越え、
・最終戦争かのような戦いに命懸けで挑む、FF定番ドラマチック物語。

final_fantasy_xv_kingsglaive_review 15.jpg
もちろん全体的にスタイリッシュさも漂う。
確かに「ファイナルファンタジーの映画」だった。

映画を観た後では、ゲーム本編スタート時の気分も変わる。
きっと車を押す手には使命感が宿ることだろう。



 KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV オマケ
final_fantasy_xv_kingsglaive_review 14.jpg
よく見るとJALの看板が! まさかインソムニア路線があるとは…
他にも別シーンには某有名メーカー看板も見られた。色々タイアップがある様子。

左:移民街の夜店。些細なシーン背景もよく描き込まれている。
右:王都への道。FF15らしい面影がある、ゲームと同じロケーションも登場する。



🍸 JJ voice

本作を観てますます FF世界に親しみが湧きました。
それにしても、これだけシリーズが続くとお約束満載になりますね。

古くはパラメキアなど巨悪の象徴「科学文明の帝国」に対し、
クリスタルの力や選ばれし者が「神聖なる魔法」で抵抗する。

先日のFF零式オープニングを観て、やはり同じ構図かと既視感が(笑)
と言っても大枠だけで、テーマやドラマは全く違うのですが、
ドラえもんや水戸黄門と同じく、普遍的な定番感があります。



関連記事:ゲーム映画レビュー

"FF映画レビュー【キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV】実にFFらしい作品だった [KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV]"へのコメントを書く

お名前:
コメント:[必須入力]


メールアドレス(入力を受け付けておりません)
ホームページ(入力を受け付けておりません)

人気記事